理想の体型になれるバストアップ施術|キレイになりたい女性必見

ウーマン

大きい美乳でモテモテ

男性医師

胸を大きくする理由

胸が小さい人にとって、バストアップしたいという願いは尽きません。なぜ胸を大きくしたいのかと言うとその理由は様々です。「好きな人が大きい胸が好きだから」「彼に小さいと言われた」「下半身とのバランスが悪いから」「ただ大きくしたい」など愛する人に言われて傷ついた人や自身で変わりたいと願う人など様々です。整形外科でバストアップ施術する事で見た目も精神的な中身も良くなるなら、やるにこしたことはありません。整形外科でバストアップする人は長年の悩みから解放される為に勇気を出して変わろうと決心した人たちです。整形はもはや珍しいものではありません。施術した事で、「見た目も良くなりモテるようになった」「人生変わった」という人は沢山います。実際に整形外科でバストアップ施術をする場合、プチ豊胸と言われる「ヒアルロン酸注入」や自分の脂肪を摘出して胸に注入する「脂肪注入」「シリコンバック注入」でサイズアップしたりする方法があります。また整形ではなく、プエラリアといったバストアップに効果のある成分を使ってマッサージをしたり体内に錠剤や粉末として取り入れたりする方法もあります。見た目にすぐ効果を出したい人には整形をおすすめします。カウンセラーと事前に面談でしっかりと相談出来ますし、ヒアルロン酸注入であれば金額も手が出ないほどではありません。だいたいですが100cc注入で20万円程です。この金額でそれまで悩んでいたのが嘘みたいにその後の人生が変わるのですから明るい人生を購入したと思えば決して高い金額ではありません。

実際に通う人と施術内容

バストアップで整形外科に通う人の中で多いのは「元々極端にペタンコ胸」「授乳後に乳首が伸びた」「出産後に形が乱れて垂れてしまった」この3つが大半です。ペタンコ胸は特徴として20代前半の女性が多いです。恋に盛んな歳頃の為、周りと比較して劣等感を持って悩んだり、結婚出来ないかもと早めにバストアップしたいと行動しようとする人が多いです。それに対して30代、40代は子供を産んだ後の乳の形の変化に悩んでいる人が多いです。授乳している時は忙しくてそれどころではありませんが、育児が落ち着いてきて体重も元に戻ってきた頃に鏡を見てショックを受けてしまう人が多いようです。ペタンコ胸に悩んでいる方は圧倒的にシリコンバックの選択が多いです。費用は安いもので20万円、高いもので100万円程かかるものもあります。シリコンバックを使いながら脂肪注入もして柔らかさや見た目の自然さを維持する方法がポピュラーです。産後の乳の縮みや形の変化に悩む人の多くには「ヒアルロン酸注入」が人気です。妊娠中に胸が大きくなってからしぼんでいくので大きさに悩むと言うよりは「ハリ」を出したい人がほとんどだからです。乳首が変形した場合でも同様です。ヒアルロン酸注射で少量ずつ注入していき、ハリと潤いを取り戻します。副作用や後遺症もほとんどない為、気軽に出来るのが産後主婦たちに人気の秘密です。もし心配であればアフターケアーや薬の種類を提示してくれるところなど整形外科によって異なるので自分に合った場所を探すのが良いでしょう。